土曜日ですし軽い話題でも。
geekli.stというコミュニティ
サイトがあるんですが、この
サイトのユーザー登録時の
パスワード項目のエラー文が
面白かった。

geekli.stというのは、プログラマーさんとかの情報共有サイトです。そのサイトのユーザー登録が面のフォームバリデーションで、パスワードの強弱を判定してエラーメッセージを出す、みたいな仕様なんですが、そのエラーメッセージが個人的にツボでした。

geekli.stのエラーメッセージ


↑ geekli.stのユーザー登録画面。パスワードが弱いと「そのパスワード、10分で破られるよ」みたいな警告文が出ます。


↑ 少し強くしたら15時間に変わりました。


↑ OKでました。それでも3ヶ月だそうです。


↑ 折角なので17年破られないパスワードにしといた。


↑ 尚、パスワードを長くすれば強いと判定するような単純なバリデーションでは無いようです。

ジョークメッセージですので、実際にその時間でクラッキングされるとは限らないのですが、単調な文章のエラーメッセージよりは離脱を減らす効果がある気がしました。コンテンツにもマッチしてて素敵。

バリデーションも離脱率を防ぐ事をしっかり考慮したい所ですね。

geekli.st