nofollowの仕様変更とPageRankスカルプティングが通用しなくなった件

スポンサーリンク

pagerank
あちこちで記事になっているnofollowの仕様変更とPageRankスカルプティングが
通用しなくなった件について、僕なりの見解を述べたいと思います。
これも1つの意見という事で。

事の発端はマットカッツ(僕の叔父に雰囲気がそっくりで何か嫌なんです)のブログ。
英語なので海外SEOの鈴木さんのブログから要所要所、引用させて頂きます。
まずは以下の記事をご覧下さい。

Google PageRankスカルプティングはもう役に立たない!
Google マット・カッツ、効果をなくしたPageRankスカルプティングの真相をついに語る
なぜPageRankスカルプティングが無効になったのか

PageRankスカルプティングとは

PageRankスカルプティングとは一言で言えばnofollowを使ってページの
重要度を上げて上位表示を狙う的な方法です。詳細は鈴木さんの記事のほうが
断然分かりやすいので割愛します。nofollow属性は元々はブログのスパムコメント
でPageRankが流れてしまうのを防ぐ為に導入されました。

参照:米Google、リンク属性を利用したコメントスパム対策機能

つまり、「防ぐ方法」であって、「上げる方法」では本来無いはずです。それを
上げる方法に使うのがPageRankスカルプティングでしたが、これは別に
ブラックハットでもなんでもなく、上手に利用したSEOの手法でした。

ブログのスパムコメントでPageRankが流れてもいいと言うのか?

別にマットカッツが言った訳では有りませんが、僕なりにした解釈は

「スパムコメントを放置しなければいい話。コメントに気が付かないシステムは問題だし、放置された過去のページでも有益ならいくらスパムコメントで多少PageRankが流出してもそれ以上にバックリンクが得られるはず。有益でない過去の放置されたページからPageRankが流れようと問題ない」

と考えているのでは無いかと。実際、検索エンジンは基本的に新鮮な情報を
求めていますし(ユーザーが求めるから)スパムコメントはサイトを管理していれば
削除すれば良いだけの話です。

普通のコメントでも流れてしまうが・・

普通のコメント、ファンのコメントでもnofollowが付きますが、PageRankは
失う事になります。でも、これもそれだけ多くのコメントが入るくらいファンが
多いなら自然とリンクもされるのではないですか?そうとも限りませんが、
少なくともGoogleはそう見てるのではないかな。鈴木さんのブログも
かなりのファンがいて、あちこちでリンクされていますが、コメントが
尋常じゃないくらい入るかといえばそれは違いますよね。もちろん、
サイトの属性によってはリンクが少なくてコメントが多い場合もあるかも
知れませんが、コメントが大量にあるのにリンクされない方が逆に
不自然な気がします。

変更して1年経ってるけど誰も気が付かない

マットカッツは「だって誰も気が付かないから公表したんだよ」と言っています。
SEOのプロフェッショナルだとか、エキスパートなんて言われてる方々が、
仕様変更した事に何の違和感も持たずに、今までいた。つまり、

「変更して1年経つけど誰も気が付かないくらい、ランキングに大きな影響は
出ていないし、問題になっていない」

って事です。PageRankはランキングに影響するアルゴリズムの一環ですが、
一環でしかない。他にもランキングに影響を与える要素は沢山あります。
PageRankスカルプティングが出来なくなったから驚く時点で何か間違ってます。
本来の目的とは別のnofollowの使い方よりも有益なコンテンツを作成して
コメントのリンクで失うPageRank以上に、リンクジュースを得ればいい話です。
ただし、有益なコンテンツ=リンクが集まる、ブックマークが集まる、という
訳でもありません。その辺、上手く伝えられればいいんですが、僕はバカなので
もう少し伝える力を勉強してから書くことにします。

はてなを見習え!

はてなは一切nofollowが付いていません。ブックマークも何もかもです。
※トラバには流石に付いてます

「PageRankスカルプティング?そいつ、強ええのか?」

そんな勢い。でもツールバー上ですが、PageRankは7。もちろん、nofollowが
有効でPageRankスカルプティングを行えばもっと上がっていたかもしれませんが、
仮にそうしていたとして、今と何が違うかピンと来ません。今のGoogleJapanも
ペナルティでPR5になりましたが、変わらなく使います。PageRankがどうあれ、
コンテンツが有益で認識されていれば問題ない気がします。

まとめ

今まで大丈夫だった訳です。今更「通用しない」と言われても、何も変える必要は
無いと思います。むしろPageRankは解放した方がいい気もしています。

参照:リンクジュースや情報(ノウハウ)は溜め込まずに早く解き放とう

それよりもあれこれ考える前に一つでも多くコンテンツを作るべきだと思う。

参照:難しいことを考える暇があったら1ページ増やす

色々意見はあるでしょうけど、僕は自分がすべきSEOはかちびと.net内に
全て詰め込んでます。あとは結果が出るまでコンテンツをがむしゃらに
作成していくだけ。僕にはそれしか出来ないし、するつもりも無いです。

URL :
TRB :

Comments & Trackbacks (4)

  1. SEOもっと!

    こんにちは!

    「変更して1年経つけど誰も気が付かないくらい、ランキングに大きな影響は出ていないし、問題になっていない」
    という言葉が、
    上級SEOテクニックと言われるものの全てを物語っているような気さえします。

    こういったテクニックを否定するつもりは全く無いですが、私もシロウトさんと同じ考え方です。

  2. kachiaru

    >SEOもっと!
    こんにちは :P

    SEOもっと!: 上級SEOテクニックと言われるものの全てを物語っているような気さえします。

    同感です。不透明なものを追った所で、所詮そんなモンです。
    SEOもっと!さんの考え方は限りなくGoogleに近いと思いますが、ランキングでは苦労されているのでもはやネタです(超失礼

    否定はしませんが肯定しませんし、興味もわかないっす :lol:
    SEOはアルゴリズムを追求する事ではないと思う。

  3. dialogjapan

    こんにちは。

    「難しいことを考える暇があったら1ページ増やす」

    ざぶとん一枚!

    「履歴書書いてる暇があったら、
     YouTube1本撮ってアップせよ」

    といいたいですね。そんではまた~

  4. kachiaru

    >dialogjapanさん

    こんにちは :)

    dialogjapan: 「履歴書書いてる暇があったら、
     YouTube1本撮ってアップせよ」

    とり方は人それぞれですね~。dialogjapanさんの事情は分かりませんが頑張って下さい :P

Twitter

Web制作に役立つそうなリソースを独断と好みで配信しています。

かちびと.netにリンクの無いトラックバックはお受けいていません。
コメントされる前にガイドラインをご覧下さい。

twitter facebook rss contact

Ads

Posts

Contact

Services