Resource - Archives

毎日の作業ログを記録するだけのミニマルで軽量なオープンソースのデスクトップアプリ・「Small WorkLog」

Small WorkLogは毎日の作業ログを記録するだけのミニマルで軽量なオープンソースのデスクトップアプリです。Todoリストに近いですが、プロジェクトのChange logのようなUIで日付付きログが残るようになっており、いつ何をしたかを確認出来るようになっています。

さまざまな開発者向けサービス等のロゴをSVGで提供する・「Svgl」

Svglはさまざまな開発者向けサービス等のロゴをSVGで提供するSVGロゴ配布サイトです。OSSとしてソースコードも公開されています。SveltekitとTailwindで構築しているそうです。従来のアイコン配布サイト等ではあまり見かけなかったものも多く用意されています。

簡単に任意のAIアシスタントを構築、統合出来るオープンソースのAIアシスタント管理プラットフォーム・「Assistants Hub」

Assistants Hubは簡単に任意のAIアシスタントを構築、統合出来るオープンソースのAIアシスタント管理プラットフォームです。Next.jsで構築、AIモデルにはOpenAIとGoogleのGeminiが採用されています。
Ads

解析機能も備わったオープンソースのセキュアなURL短縮ツール・「Snaplink」

Snaplinkは解析機能も備わったオープンソースのセキュアなURL短縮ツールです。Create Next Appで作られたNext.jsアプリとなっています。シンプルで軽量、URLカスタマイズ、リンクの暗号化及びOSSでのソースコード開示などセキュア仕様、分析及びレポート生成などの機能が備わっています。

Dall·EとStable DiffusionをサポートしたオープンソースのAI画像生成Webアプリ・「AI Image Generator」

AI Image GeneratorはDall·EとStable DiffusionをサポートしたオープンソースのAI画像生成Webアプリです。基本的にはプロンプトのみの入力で、サイズやクオリティ等は選択式となっており、手軽にAIによる画像生成が出来るようになっています。

コピー&ペーストで使えるshadcn-ui向けのWebサイト用ブロックを無償提供する・「TWBlocks」

TWBlocksはコピー&ペーストで使えるshadcn-ui向けのWebサイト用ブロックを無償提供するプロジェクトサイトです。SaaS向けに提供してるそうです。

Reactアプリ向けに構築されたオープンソースのNotionライクなリッチテキストエディター・「Yoopta-Editor」

Yoopta-EditorはReactアプリ向けに構築されたオープンソースのNotionライクなリッチテキストエディターです。MITライセンスの元でソースコードが公開されています。

URLを入力するとAIがそのページを分かりやすく要約してくれるオープンソースのWebアプリ・「Smart-Summarizer」

Smart-SummarizerはURLを入力するとAIがそのページを分かりやすく要約してくれるオープンソースのWebアプリです。LLMは基本的にはGPT-4モデルベースとなっているみたいです。

Devinのように完全自律型でソフトウェア開発などを行うオープンソースのAIエージェント・「Devika AI」

Devika AIはDevinのように完全自律型でソフトウェア開発などを行うオープンソースのAIエージェントです。LLMによる計画、推論及びWeb検索能力を活用してソフトウェ開発の自動化を図る生成AIプロジェクト、というものになります。

WebブラウジングでどのWebサイトで時間を浪費しているかを解析し、AI等で改善に繋げてくれるオープンソースのブラウザ拡張・「Recenter」

RecenterはWebブラウジングでどのWebサイトで時間を浪費しているかを解析し、AI等で改善に繋げてくれるオープンソースのブラウザ拡張です。どのWebサイトに何時間滞在したかを円グラフにし、AIが要約、さらに、どのサイトが生産的で、どのサイトが浪費と取れるかをタグ付けしたりAIに判断して貰う事も可能です。

SNS等のソーシャルカードをノーコードで作成出来るオープンソースのWebアプリ・「sharepreviews」

sharepreviewsはSNS等のソーシャルカードをノーコードで作成出来るオープンソースのWebアプリです。例としてFigmaを挙げています。コードを書かずに直感操作でデザイン出来る、というノーコードアプリでSNS等で使えるソーシャルカードに特化したものになります。

組み込み式アナリティクスを構築する為のOSSフレームワーク・「Latitude」

Latitudeは組み込み式アナリティクスを構築する為のOSSフレームワークです。SQL とシンプルなコンポーネントで解析ツールをアプリに埋め込むEmbed型アナリティクス、というもののようです。開発者ファーストに設計されているとの事で、CLIでプロジェクトを作成、ローカルでビルドして本番環境にデプロイするという流れを想定して開発されています。データはDBまたはDwhに接続して取得します。

ローカルで実行可能でデータが送信されないオープンソースのAIチャットアプリ・「Dot」

Dotはローカルで実行可能でデータが送信されないオープンソースのAIチャットアプリです。プライバシーなどセキュリティ懸念のあった方向けとなっています。オフラインで実行可能、LLMモデルに7B(70億パラメーター)のMistralが搭載されていて、インストール後すぐに使えるようになっています。

Perplexity AIの代替として開発されたオープンソースのAI回答エンジン・「Mindpedia」

MindpediaはPerplexity AIの代替として開発されたオープンソースのAI回答エンジンです。生成AIモデルにはOpenAIを採用し、LLMをWebに接続するためにTavily Search APIを採用していますので両方のAPIキーを必要とします。 Perplexityと同じように与えられたプロンプトに対し、ソース付きで回答する生成AI、というものになります。

様々なタイプの組織などに対応可能なオープンソースのオンライン投票プラットフォーム・「eBoto」

eBotoは様々なタイプの組織などに対応可能なオープンソースのオンライン投票プラットフォームです。汎用性の高さと使いやすいUIが特長で、OSSにする事で安全性と透明性も強調しています。技術スタックにはTurboRepo、Next.js、Supabase、tRPC、Lemon Squeezy、Vercel、PostHog、Zodなどが採用されています。

クイズ、マインドマップ、フラッシュカードなどを使った生成AIによるOSS教育アプリ・「Evelyn」

Evelynはクイズ、マインドマップ、フラッシュカードなどを使った生成AIによるOSS教育アプリです。実験的なものだそうで、vercel-ai-sdk-quizをフォークしてカスタマイズしているみたいです。上記SSのように、Start a quiz about~と入力するとAIが問題を出してくるので答える、解答後に詳細を教えてくれる、というものになります。

コピペで使える様々なTailwindベースのUIコンポーネントを提供する・「Business Wish」

Business Wishはコピペで使える様々なTailwindベースのUIコンポーネントを提供するWebサイトです。既にTailwindで使えるclassの含まれたスタイリング済のHTMLコードを公開しており、コピペで使えるようにされています。

Webサイトのコンテンツが盗用されにくいよう防ぐためのシンプルなスクリプト・「NoPeek」

NoPeekはWebサイトのコンテンツが盗用されにくいよう防ぐためのシンプルなスクリプトです。ものすごく今更感ある話題ですが今になっても盗用問題は無くなっていないので少しでも減って欲しいという想いを込めて。簡単な保護法を手軽に導入できる、というものなので期待したものではないかもしれませんが、内容としては従来通り右クリック禁止、デベロッパーツール起動禁止、テキスト選択不可など、アナログな盗用法を一括で防ぐ、というものになります。

電子メールのエクスペリエンスを一新するためにゼロから構築されたオープンソースのメールアプリ・「UnInbox」

UnInboxは電子メールのエクスペリエンスを一新するためにゼロから構築されたオープンソースのメールアプリです。一般的なメールの基本的な機能は概ね備わっているのはもちろん、シンプルで分かりやすいUI、RE: RE: RE:や添付ファイルが見つからない等のさまざまな無駄やノイズの削除、プライバシーファーストなどに重点を置いており、いつでもソースコードを確認出来る様OSSとして公開されています。

任意のLLMをローカルで実行可能、事前にモデルがマシンと互換性があるかも明示してくれるオープンソースのAIチャットGUIアプリ・「Wingman」

Wingmanは任意のLLMをローカルで実行可能、事前にモデルがマシンと互換性があるかも明示してくれるオープンソースのAIチャットGUIアプリです。Win、Mac(IntelまたはApple Silicon)の両OSで動作するAIチャットGUIアプリで、LlamaやOpneAIの各GPT、Mistral AI、phi-2、zephyr AIなどや、或いはHugging Faceから検索してLLMを利用するなど好みのLLMをローカルでAIチャットとして実行できる、というものになります。

v0のようにプロンプトからAIがUIを構築してくれるOSS・「OpenUI」

OpenUIはv0のようにプロンプトからAIがUIを構築してくれるOSSです。少し前に話題になったVercelの生成AIによるUIジェネレーターのv0と同じようにプロンプトからUIを自動構築してくれるOSSの代替、というようなものになります。

開発者等がVSCode内で様々なAIとチャットし、会話をローカルファイルで管理できるVSCode拡張・「ICE」

ICEは開発者や研究者等がVSCode内で様々なAIとチャットし、会話をローカルファイルで管理できるVSCode拡張です。OSSとしてソースコードが公開されています。
Ads