SEO対策のアウトソーシング、効果が上がらない理由

スポンサーリンク

seo

様々な人から話を聞き、様々なブログやサイトから情報を
インプットした自分なりの解釈ですが、
「SEO対策業者に頼んでも効果が出なかった」
という声は非常に多いです。なぜこんなことが起こるのか
考えてみました。これはSEOに限った話ではなく、
コンサルタントなどのアウトソーシングの際に生じる
問題点に共通している気がします。

「効果」に対する認識の差異

SEO対策を業者さんに頼まれる方の多くの場合はSEO対策を
「広告」「収益の上がる方法」と認識しています。SEO対策を知らないばかりに
そのようなご認識をされてしまいますが、SEO対策は広告ではなく
上位表示される為の最適化で、収益はホームページのコンテンツが関わります。
その為、上位表示されてもホームページに有益なコンテンツやデザイン的に
信用性に欠ける、ユーザビリティが皆無であると、いくら上位表示されても
良い費用対効果は得られないでしょう。収益を上げるのはコンテンツです。

業種の温度差

また、SEO対策業者は「SEOのプロ」であって
「集客のプロ」「クライアントの業種のプロ」ではありません。
従って、クライアントのホームページへの認識と業者さんとの認識に
温度差が生じます。クライアントはSEOを広告だと思い、
「頼んだ=集客してくれる」と思い込み、業者は「順位を上げる」と言う事に
専念します。それが仕事ですから。だから結果が出にくいのです。
何かしらのデザインやプログラムを依頼された方ならよくお分かりかと思います。
クライアントからすれば「何となくこんな感じで」と伝えるものの、
イメージは頭の中にある。でもそれを伝える言葉や方法が見つからない。
業者は言われたとおりに製作するけど、イメージと異なるとクライアントは
やり直しを要求、下手するとクレームです。プログラムに関しては
バグの問題もあるでしょうけど。お互いの認識を近づける事が、
トラブルや二度手間を解消する手でしょうね。
裏を返せばディスカッションに欠ける業者さんは危険、と言う事です。
お金は払わなければなりませんから。

SEOのプロではない業者が多い

SEOのプロという境界線は見極めがたく、グレーゾーンの多い業種です。
正直、私がこうしてセルフSEOを行い、結果が出れば「業者」として
営業活動を行ってもなんら不思議はありません。実際、そのような
SEO業者は数多く見受けられます。SEO業者さんがよく言われる
「スパム行為」を行なっている企業も多々あります。私も連絡を頂いた
業者さんのWebサイトを調べたら隠しリンク、リンクファームになり兼ねない
事もされていました。もちろん上位表示もされていません。
これでも彼らは多少の知識で「プロ」を名乗ります。

まとめ

ではSEO対策をアウトソーシングで結果を出す時はどうすればいいのでしょうか。
このブログではセルフSEO対策を推奨していますが、出来ない理由がある方も
多いでしょう。この記事を書こうと思ったのも、とある雑貨屋さんのオーナーさんに
相談された事がキッカケでした。この雑貨屋さんは薄利多売ゆえ、
SEO対策に対して全く身動きが取れません。一番良いと思うのは
やはり「SEOコンサルタント」を個人で行なっている方がイイと思います。
少々高くつくでしょうが、個人ゆえ、必死ですし結果を出さないと一気につぶれます。
と言うわけでアウトソーシングなら迷わずコンサルタントさんに。

URL :
TRB :

Comments & Trackbacks

Comments are closed.

Twitter

Web制作に役立つそうなリソースを独断と好みで配信しています。

かちびと.netにリンクの無いトラックバックはお受けいていません。
コメントされる前にガイドラインをご覧下さい。

twitter facebook rss contact

Ads

Posts

Contact

Services