アルファなブロガーの方々から僕のような普通のブログにまで紹介頂いて恐縮なので一応個人的な考えを書いておきます。一応僕も地味に被害にあったのでパクリに関する個人的な考えを。参考にする必要もないし、この考えに賛同を求める訳でもなく、議論をしたい訳でも無いし、反論等も無いので特に論点合わせて無いです。

まずは、リンクまでしていただいたWebクリエイターボックスさんとホームページを作る人のネタ帳さんに御礼申し上げます。事の詳細は以下をご参照下さい。

「パクられてるよ」と教えてもらったとき

ネタ帳さんの記事が丸々コピペされてる、という旨のPostがTwitterで流れてきて、その後、Yamadaさんから僕の記事もコピペされてるよ、と教えて頂きました。WebクリエイターボックスさんもYamadaさんもだと思いますが、基本的にはこういったコピペ記事を何度も見ていますので、今回に限ったことではありません。僕は「ああ、またか」と思う程度です。

リンクの有無、悪質性、伝えた際のコピペした方の行動などは場合によって様々ではありますが、先のお二人は僕以上によく見かけているのではないでしょうか。晒すつもりも無いのでここでは控えますが、丸々コピペした記事をアップしてご丁寧にトラックバックまで送ってくる謎の猛者もいます。

見かけたときの対応・僕の場合

皆さんの場合は分かりませんが、僕の記事は自分の言葉を極力使わないようにして、あくまで情報サイトとしてのスタンスを守っているつもりなので文章に感情を込めることはあまり有りません。ですので、コピペされても紹介した情報が広まるだけなので大きな実害も無いのです。どんどん出てくるコピペ記事にいちいち対応するのも面倒だし、キリがないので気が向いたとき以外は放置しています。今回も僕は放置するつもりでしたが、気が向いたのでアメーバさんに連絡しました。

アメーバさんには僕が被害のあった記事とコピペブロガーのID、削除の要求、僕の連絡先を添えた文面で送りましたが、待てども待てども返信は無く、結果的に僕の連絡は無視されてしまったようです。まぁそんなもんです。今回のお二人に比べ、僕の影響力は小さいと感じたのかもしれませんね。実際僕には影響力は有りませんけど。

気が向く時

気が向く時は、単純に僕自身に影響があるかどうか、また、悪意があるかどうかです。例えば丸々コピペしてるけど、一応blockquoteでくくってるし、リンクもしてくれていて、その記事の主の人物像がある程度想像付く(例えばTwitterのアカウントがあって普通にPostしてる等)なら基本的に放置します。でも出来れば「引用」について学んでください。

たまに、丸々コピペなのにちょいちょい自分の言葉に置き換えてる方も見かけます。この場合は「自分の作ったコンテンツ」に見せかけられているのでコメントやメールをします。WPの事も多いので、コメントの場合はダミーのリンクを2つ以上つけてスパムフィルターに掛けて自動で僕の注意コメントが表示されないようにしてます。

今回のケース

しかし、今回はなかなか悪質でした。たとえばロプログの記事は記事の最後のTwitterアカウントだけ自分のアカウントに置き換えていました。リンクはそのままでしたので何をしたいのかよく分かりませんでしたが。また、ご存知のように、Webクリエイターボックスさんは画像直リンクでした。これはサーバーに負担をかけるので実害が生じます。

Webクリエイターボックスさんには広告があります。個人といえどメディア媒体として運営しているわけです。それが、記事丸々コピペされた上に、画像直リンでサーバーに負担かけた挙句、リンクもしないばかりかTwitterでは、さも自分が書いたかのようなTweetをする、まさに鬼畜の所業!(by ハマカーン

そりゃ怒るのもごもっともで、法的手段もやむなし!と言っても大袈裟ではありません。害しか無いですから。サーバーに負担掛けてれば業務妨害に当たる可能性も有るわけです。正直今回の画像差し替えはかなり甘い対応だったんじゃないですかね。と、思っています。

以前・・・

こんな僕のブログでもコピペするような方が結構いまして、以前たまたま見かけたのでTwitterでつぶやいて見たことが何度かあるんですが、その時のフォロワーさんの反応の中には「パクられたからって晒すとか酷い」「大袈裟でしょ・・」みたいな事を言われた事があります。そういう心算はないんですけど、そういう風に見る方もいますし、気軽に誰かに相談というのもなかなかしにくいんですよね。特に僕は友達ほとんどいませんし。

なぜ罪人に甘いのか

日本は勧善懲悪の精神が結構強い気がするのですが、不思議と「弱きを助け、強きを叩く」に置き換えられてる感もあります。例えば欧米なら性犯罪者は人権すら無く、顔をばらまかれても已む無しという文化ですが、日本の性犯罪者は「それは酷い。犯罪者にも家族がいるんだ」「人権侵害だ」という考えになるのではないでしょうか。それを否定するつもりはなく、肯定するつもりも無いんですが、まぁ時にそういった精神が、被害者にプレッシャーを与えるんじゃないかなとか思ったりもするのです。ここではその是非は置いておきますが。

今回パクリ被害にあった方々の気持ちが僕はわかりますので、甘い対応の一つとしてうんこ画像にしてしまえとつぶやきました。パクッた方も必要以上に叩かれず、ユニークな対応をすることで被害者も良い意味で注目を浴びるかなと単純に思いましたが、色々と高スキルなManaさんでしたので結果はご存知のとおり。というか、僕の想像を遥かに超えて、最終的に多くの反応は「パクリ酷すぎ」から「Manaさん凄い!」に変わっていました。

まとめ

何が言いたいのかよく分かりませんが、一応まとめます。結果として今回はさらし首的に見えるかも知れません。それはあまりいい事では無いと仰りたい気持ちも分かります。でも、だからといって、ブコメやわざわざメールアドレスを入れてまで、被害者にコメントで「お前もパクッてるんじゃないの?」みたいな事を仰るのはタイミング的に控えませんか?という事を言いたいなと。

ああして、ネタで対応してましたけど、絶対にやめてほしいし、困る事だと思いますよ。ブコメですら、自分の発言をコピペしてお金目的に使われたら気持ち悪いと思いませんかね・・それ以上の気持ち悪さですよ、記事のコピペは。「~でしたらお許しください」「そうでなければ~」等と言えば邪推がまかり通る訳ではありません。

第三者の立場として中立で有ることは非常に好ましいとは思います。しかし、これはそもそも被害者であるWebクリエイターボックスさん、ネタ帳さん、PHPSPOTさんや他の方々とコピペしたブロガーとの問題なので、第三者が己の自己欲のために被害者や加害者にコンタクトを取り、レスポンスを期待するのはどうかと思うのです。というのが今回の事件で思った感想です。

頭のいいGoogle先生はちゃんと先に書いた方を評価してくれる傾向にありますし、ブログをコピペしても誰も幸せにならないですね、というお話でした。