ol要素で利用出来るHTML5のreversed属性をjQueryでクロスブラウザ対応にする

スポンサーリンク

HTML5でol要素でリストに振る番号
を逆にするreversed属性が追加され
ました。と言ってもまだChromeしか
サポートしていません。便利っちゃ
便利なのでjQueryで他ブラウザに
対応します。

reversedはol要素でリストに降られる番号を逆にする属性です。

HTML5 <ol> reversed Attribute

現在はChromeしか対応していません。あんまり使う事は無いかもしれませんけど、需要の有無は置いといてこれを他ブラウザでも動作させます。

Sample


Chrome以外でも同じ表示が出来てると思います。

コード

function reverselist(list) {
        var totalItems = $(list).children().length;
        var start = $(list).attr('start');
        var thisitem;

        for(i=0; i < totalItems; i++) {
                thisItem = $(list).children();
                if (start !== "" && start !== undefined) {
                        thisItem.eq(i).attr('value', start - i);
                } else {
                        thisItem.eq(i).attr('value', totalItems - i);
                }
        }
}
reverselist('ol[reversed=""]');

時間がないので解説は割愛します。すみません

確認ブラウザはIE6+、Firefox3.6、Operaです。

以下を参考にしました。

via:HTML5 ordered list ‘reversed’ attribute in non-webkit browsers

URL :
TRB :

Comments & Trackbacks

Comments are closed.

Twitter

Web制作に役立つそうなリソースを独断と好みで配信しています。

かちびと.netにリンクの無いトラックバックはお受けいていません。
コメントされる前にガイドラインをご覧下さい。

twitter facebook rss contact

Ads

Posts

Contact

Services