誰でも手軽に出来るWordPress tips。
今日のお手軽カスタマイズは殆ど需要が
無さそうですけど僕に需要があったので
好き勝手に書いてみます。WPで作った
Webサイトの納品先のクライアントさん側
でウィジェトを使ってもらうのですが、多く
でよく分からないと言われたので消しました。

そういうわけで、管理画面→ウィジェットで使わないものを消す方法。要らない物は表示させても仕方がないので消しましょう的な内容になります。

はじめに:テーマでウィジェットを使えるようにする

分からない方用に、念の為ウィジェットをテーマで使えるようにする方法を書いておきます。テーマにウィジェットを対応させるにはfunctions.phpに以下のようなコードを記述

if ( function_exists('register_sidebar') )
    register_sidebar();

さらに、サイドバー等に

<?php if ( !function_exists('dynamic_sidebar') || !dynamic_sidebar() ) : ?>
【ウィジェットを設定しない場合に表示させるコンテンツ】
<?php endif; ?>

と書けばおkです。複数ウィジェットを作りたい等、詳細はCODEXで。

管理画面のウィジェットを非表示にするコード

で、今日の本題です。いらないウィジェットでクライアントさんを混乱させてしまうので消します。

function unregister_default_wp_widgets() { 
  unregister_widget('WP_Widget_Calendar'); 
  unregister_widget('WP_Widget_Search'); 
} 
add_action('widgets_init', 'unregister_default_wp_widgets', 1); 

unregister_widget(‘パラメータ’);で削除することが出来ます。上コードはカレンダーと検索を消した例。

パラメータ一覧は以下のとおりです。

WP_Widget_Archives – アーカイブ
WP_Widget_Calendar – カレンダー
WP_Widget_Categories – カテゴリー
WP_Widget_Links – リンク
WP_Widget_Meta – メタ
WP_Widget_Pages – ページ
WP_Widget_Recent_Comments – 最近のコメント
WP_Widget_Recent_Posts – 最近の投稿
WP_Widget_RSS – RSS
WP_Widget_Search – 検索 (検索フォーム)
WP_Widget_Tag_Cloud – タグクラウド
WP_Widget_Text – テキスト

実装


すっきり見やすくなったので、お互い無駄な修正連絡が1つ減りました(´▽`)