手軽に出来る簡単な7つのWordPressスピードアップ方法

スポンサーリンク

wordpress-speedup

手軽で簡単にWordPressをスピードアップする方法をご紹介します。

※先日、お知らせさせて頂きましたように、この記事は僕が管理していた別のブログの過去記事を移行したもので正確性に欠ける可能性があります。何卒ご了承願います。

手軽に出来るのですが、意外とされていない方法なのでご紹介します。プラグインなどを使わない方法に限った方法です。

画像を最適化する

テーマや投稿に使用する画像を最適化します。テーマで使用している画像で
pngを使わなくてもいいような所で使用していたり、元画像が大きいサイズであるのに
cssやimgタグのwidth属性等で調整している画像を適切な大きさに変更します。
こうする事で余計なタグを使用しないで済むのでソースもシンプルになり、画像の
処理スピードも速くなります。

使っていないプラグインは「削除」

使っていなくてもアップロードしていればサーバーは重くなり、結果的に
スピードを遅らせます。使わないプラグインはサーバーから削除します。

使っていないテーマは「削除」

上記と同じ理由で使っていないテーマは削除します。多少はスピードアップに
貢献できるでしょう。画像なども同様です。

ソースを見直す

テーマのソースを見直します。div内が空白でデザインにも使用していないなら
削除します。また、見やすいように空白を入れたソースを最適化します。
空白が無いだけでもファイルは軽くなります。また、cssも最適化します。
cssはCSS SuperScrubCSS Redundancy Checkerで軽くします。

データベースを最適化する

phpMyadminが使えるサーバーならphpMyadminにログインして
使用しなくなったテーブルなどを削除したり、「最適化」ボタンで
データベース内を掃除します。プラグインをインストールし、使わなくなって
削除してもテーブルが残っている可能性があります。

readmeを削除する

プラグインなどに必ずといっていいほど含まれるreadmeのテキストファイルを削除します。
再配布しない限り問題ありません。また、php内に含まれている場合は削除して良さそうな
コメントは削除します。テーマも同様ですが、著作権表示は消さない様に注意してください。

各言語ファイルを削除する

間違いなく使わないような国の言語ファイルを削除します。
WordPress内やプラグイン内の他国のpo,moファイルを英語以外全て削除します。
特にPluginにはWorldwide向けが多いので言語ファイルが多く存在しますし、
ファイル数が多ければ言語ファイル容量も大きくなるので余計な負担になります。

————————————–

1つ1つでは大きな変化は無いかもしれませんが、全て行えば体感度は間違いなくアップするくらい、余計なファイルが入っていることが多々あります。それは僕が実感していますorz気が向いたら暇な時にでもお試し下さい。僕もやらないとなぁ。WP Super Cacheもお勧めです。

URL :
TRB :

Comments & Trackbacks (2)

Twitter

Web制作に役立つそうなリソースを独断と好みで配信しています。

かちびと.netにリンクの無いトラックバックはお受けいていません。
コメントされる前にガイドラインをご覧下さい。

twitter facebook rss contact

Ads

Posts

Contact

Services