Flash内テキストをクローラーに読み込ませるsIFR

スポンサーリンク

sifr00Web制作にあたり出てきがちな問題が
「クライアントがFlashを使いたがる」という事
だと思います。Web製作会社も様々でSEOを
考慮したWeb屋さんからデザイン重視のWeb屋さんまで
様々かと思います。Flashはロボットも
読み込むようになって来ているようですが、
読み込まない事もやはりあるようです。
そこでGoogleが提案するsIFRを導入する、
と言う手があります。

以下、Googleウェブマスター/サイト所有者 ヘルプより引用。

Flash や画像などのテキスト以外のファイル

Google では Flash ファイルのコンテンツをインデックスに登録できますが、
他の検索エンジンでは登録できない可能性があります。Flash ファイルと同じ
内容のテキストを提供すると、他の検索エンジンでもコンテンツをクロールして
インデックスに登録できます。また、sIFR (Scalable Inman Flash Replacement)
の使用もご検討ください。オープン ソース プロジェクトの sIFR では、
テキスト要素を Flash オブジェクトに置き換えることができます。この技術を
使用するとコンテンツやナビゲーションは埋め込み Flash オブジェクトによって
表示されますが、コンテンツが HTML ソースに含まれているため、Flash を使用しない
ユーザーや検索エンジンでも読むことができます。

sIFRはHTML上のテキストをJavascriptでFlashムービーに置き換えて、
アンチエイリアスが掛かった選択可能なテキストとして表示する手法の事で
Shaun Inmanという方が世に広めた手法です。
見た目はcssによる画像置換でもテキストのコピーは可能、というフォントデザインの
画期的な手法で、Googleのロボットも「通常のHTML」として読み込むようですので
Flashでのナビゲーション制作によるクローラビリティとして使用出来そう。
MTでも採用されているようですので、今後は無視できない手法になるかも知れません。

sifr01
実際に使用したサイト。記事タイトルのテキストがドラッグ可能です。

と、思ったのですが、フォントファイルを丸ごと読み込む使用で
文字数の多い日本語だとファイル容量が大きすぎて重くなるようです。
sIFRは英語のみの方が良さそうです。

日本語用のsIFR、BJKit

そこで、変わりになるか分かりませんが、sIFRの日本語バージョン的
なモノを作成してくれている方がいらっしゃいました。
それがBJKit(BeautifulJapaneseKit)です。

sifr02

キャッシュを使っての表示らしく表示スピードも軽減されているようです。
以下はsIFRとBJKitに関する情報を提供されているサイトへのリンク集です。

sIFR

BJKit

まだ実用段階、と踏み込むのは早いかもしれませんが、今後はロボットも
Flashを今まで以上に読み込むようになって来るでしょうし、Webデザイン
を今まで以上に考慮したWebサイトでもSEOの結果を出しやすくなる動きが
あるのは嬉しいですね。

URL :
TRB :

Comments & Trackbacks

Comments are closed.

Twitter

Web制作に役立つそうなリソースを独断と好みで配信しています。

かちびと.netにリンクの無いトラックバックはお受けいていません。
コメントされる前にガイドラインをご覧下さい。

twitter facebook rss contact

Ads

Posts

Contact

Services