キーワードマーケティングにWikipediaのツールを使う

スポンサーリンク

wiki01Wikipediaはご存知でしょうか?
ご存知ですよね。様々なキーワードでも単一キーワードで上位表示されている
辞書サイトです。このWikipediaをキーワードマーケティングとして利用する方法が
本日の記事内容です。Webビジネスにおいて最も重要なキーワードの選定に
役立つかと思います。


そのキーワードが旬であるのか、需要があるのかを図る出来るツール。
Wikipediaで公開されているWikipedia article traffic statisticsです。

Wikipediaはご存知のように辞書サイトでお国ですら引用してしまうほどの
信憑性の高い辞書サイトです。Wikipediaの利用者を見ることで
「みんなの知りたい事」を把握する事が可能です。

これは指定のキーワードがWikipedia内でどれだけ検索されているかを
Wikipedia管理人が公表している数値です。実際に試してみましょう。
サイトにアクセス。言語をJapaneseを選択し、キーワードを入力してGOをクリック。

wiki02

今回は「SEO」で入れてみます。データは2008年5月のデータです。

wiki03

なんだかバラつきがあると思ったら「検索エンジン最適化」で作成されているようですので再度。

wiki04

このグラフで不自然な点があります。そう、グラフのばらつきです。
なぜ、検索件数が多い日と少ない日が極端なのか。
少ない日を調べてみると「土日祝日」でした。つまり「何かしらの業者さんが仕事中に調べている」
という可能性が高い事が分かります。では一般的なキーワード、「マッサージ」ではどうでしょうか。

wiki05

グラフは安定しています。需要は安定しているようです。
と、このように今まで分からない「ニーズの実態」を把握する事で
ある程度ニッチなキーワードの狙いが定まるのではないでしょうか?

URL :
TRB :

Comments & Trackbacks

Comments are closed.

Twitter

Web制作に役立つそうなリソースを独断と好みで配信しています。

かちびと.netにリンクの無いトラックバックはお受けいていません。
コメントされる前にガイドラインをご覧下さい。

twitter facebook rss contact

Ads

Posts

Contact

Services