「効果的なSEOの手法」は意外と少ない

スポンサーリンク

このブログを含め、SEO関連のブログやサイトは数多く存在しますが、
実際に「SEOに効果的な手法」というのは少ないものです。SEOとは
サーチエンジン最適化を意味しますが、サーチエンジン、特にGoogleは
高性能で、Webマスター側が最適化する事は限られています。

GoogleがWebマスターに求める事はただ一つ、

「ユーザーに有益なコンテンツを作成してくれ」

という事です。Webマスター側が出来るSEOは検索エンジンが出来ない事を

補う事です。

コンテンツありき

上位表示にはコンテンツの要素が大きく関わります。SEO=上位表示ではありません。
上位表示するのはユーザーにとって検索エンジンが適切と思ったコンテンツを返すだけで、
Webマスターは適切なコンテンツにするだけです。適切なコンテンツならユーザーはブクマ、
リンク等で「また必要な時に行ける様にする」ように行動する。これを検索エンジンは評価した

と見なす、という極めて単純なモノです。SEOが単純ではないと思うのは、コンテンツを

良くしようと思わずに、検索エンジンのアルゴリズムをどうにかして解析し、それに合わせようと

する為ですが、それは検索エンジンもユーザーも望んだ事ではないので今は良くても上位表示が

未来永劫継続しない可能性もあります。

GoogleのWebマスターヘルプを見ても書いてある事は「~しないで下さい」という内容が多く、

それだけ、多くのWebマスターがコンテンツよりもSEOを意識している事を裏付けます。

効果的なSEOの手法は

Google でサイトを正しくクロールし、インデックスに登録できるようにする
ウェブマスター向けガイドラインを守り、クロールに適したサイトにする
関連性が高く役立つコンテンツにする
Google と相性の良いサイトの作成を行う

これしかありません。上位表示に大きく関わる事はコンテンツである事を忘れないで下さい。

URL :
TRB :

Comments & Trackbacks (2)

  1. fujiwara

    同感です!
    どんなにきれいなページでも
    いくら検索結果の上位にあっても
    中身の無いページってがっかりですよね。

  2. シロ

    >fujiwaraさん

    コメント有難う御座います!返信、超遅れましたorz

    fujiwara: どんなにきれいなページでも
    いくら検索結果の上位にあっても
    中身の無いページってがっかりですよね。

    ほんと、同感です。中身がある事前提でSEOやらないと逆効果になりかねませんね。。。

Twitter

Web制作に役立つそうなリソースを独断と好みで配信しています。

かちびと.netにリンクの無いトラックバックはお受けいていません。
コメントされる前にガイドラインをご覧下さい。

twitter facebook rss contact

Ads

Posts

Contact

Services