[書評] 「Web制作者のためのSublime Textの教科書」をご献本いただきました

スポンサーリンク

まずは献本御礼。Junさんありがとうございました!僕もメインエディタとして利用しているSublime Textの使い方や応用方法などが記載された教科書になります。

横浜のコワーキングスペース・タネマキを手がけた一人のJunさんより頂きました。Sublime Textはメインエディタなので有り難く拝見させて頂いています。

Web制作者のためのSublime Textの教科書


↑ 外観はこんな感じ。オレンジの表紙が印象的です。


↑ 中身は非常にシンプルで、長く読んでいても疲れませんでした。


↑ ショートカットキーの一覧も網羅

以下、主な見出しです。

  • 第1章 Sublime Textを導入しよう
    • 1-1 Sublime textとは
    • 1-2 Sublime Textのダウンロードとインストール
    • 1-3 Sublime Textの画面解説
    • 1-4 対訳付きメニュー一覧
    • 1-5 Sublime Textの環境設定
    • 1-6 パッケージのインストール
    • 1-7 日本語環境の設定
    • 1-8 テーマの変更
  •  

  • 第2章 覚えておきたい標準機能
    • 2-1 基本的な編集機能
    • 2-2 コーディングルールに対応する
    • 2-3 プロジェクトの活用
    • 2-4 コード入力に役立つ機能
    • 2-5 HTML/CSSに役立つ機能
    • 2-6 プログラミングに役立つ機能
  • 第3章 パッケージで機能拡張しよう
    • 3-1 パッケージについてもっと詳しく知っておこう
    • 3-2 パッケージを管理する
    • 3-3 パッケージの探し方
    • 3-4 パッケージを開発する

     

  • 第4章 プロが教える特撰パッケージ
    • 4-1 どんなときにも役に立つ必須パッケージ
    • 4-2 Web制作に役立つパッケージ
    • 4-3 EmmetやHayakuでHTML/CSSの入力を効率化する
    • 4-4 JavaScriptでの開発に役立つパッケージ
    • 4-5 サーバサイドからMarkdownまでさまざまな言語用のパッケージ
    • 4-6 ソース管理システムや簡易Webサーバを運用する

上記の4章で構成されています。基本から応用までしっかり教えてくれます。

何かと便利なSublime Textですが、英語というだけで避けてる方も少なくない印象です。このように日本語による書籍も出始めていますのでこの機会に触ってみては如何でしょうか。

Web制作者のためのSublime Textの教科書

URL :
TRB :

Comments & Trackbacks

Comments are closed.

Twitter

Web制作に役立つそうなリソースを独断と好みで配信しています。

かちびと.netにリンクの無いトラックバックはお受けいていません。
コメントされる前にガイドラインをご覧下さい。

twitter facebook rss contact

Ads

Posts

Contact

Services