凄いPVだったので勢いでご紹介。
OK GoというアーティストのPVは
歌が流れている間、ひたすら
ピタゴラ装置が動き続けるという
壮大なプロモーションで、見ている
だけで楽しい気分にしてくれますよ。

疲れた心へのいいサプリメントになると嬉しいです。以下がその動画です。

OK Go – This Too Shall Pass

壮大なピラゴラ装置ですねw 4分くらいありますよ。。最初は小さな装置なんですが、後半が豪快すぎて面白い。合成だったら嫌ですが、本物だったらかなり大変だったのではないでしょうか。最後の落ちで、最初に出てる人がなぜこんな姿なのか分かります。(via:DAMN COOL PICS

ちょっと癒されました。リリースから72時間もたたないうちにYouTubeですでに250万回再生されたそうですよ。こういうユニークなPVっていいですよね。PVといえばSOURの日々の音色。僕も色々な方に口コミしてます。

あと、PVではないけど、優しい歌と楽しいダンスを融合した世界中で踊るマットさんの動画もいいですね。

どうもこの動画見ると感動で泣けてきます。韓国の非武装地帯(Demilitarized zone, Korea)がシュールだ。。

以前記事にしました。一応補足。マット氏は元々殺人ゲームを作るクリエイターだったのですが、仕事の内容に「2年も掛けて人を殺すゲームを作るなんてばかげてる」と感じ、嫌気が差して退職、その後、友人の薦めで、世界中でマットさんが考案したこの変な踊りを踊って動画にアップしているうちに共感を呼び、このような動画が作られ、話題を呼びました。Googleでも紹介されていましたね。踊り一つで世界中が笑顔になれる。すごく素敵です。こういうのを知る事が出来るのがWebの魅力ですね。