SEO対策スパムはこうして生まれる

スポンサーリンク

spam-seo
Yahoo!のインデック更新の度に順位の変動に悩まされる、
というブログ記事やサイトを良く見かけます。
Googleで出なくなったという内容も同様、
「スパム扱いされた」と取る事も多々ありますよね。
ではスパムの境界線や「新しいスパム」はどうやって決め、
また、どのように生まれるのでしょうか。


基本的に順位は機械的に決められます。(一部、中の人が作為的に決めてる事もあるかも)
Yahoo!やGoogleなどで今まで上位表示だったのが急に出なくなった。
一体何が悪いんだ!?本やSEO関連サイトに書いてあるスパム行為もしてないし・・
こんな状態に陥る場合も多々あります。

混乱

ある本では「やるべきだ」というSEO対策が違う本では「やるべきではない」
と書いてあったり、ブログやサイトでも技術や方法が論じられています。
これを見て多くのSEO対策をしている方々は混乱してしまっています。
結局、プロ、業者の方などが「これが正しい」と言われても信用出来なくなってしまいます。
混乱の原因は「前は通用した方法が今はスパム行為」というように
アルゴリズムが変化してしまう事にあります。

SEOスパム誕生

この変化の原因のひとつは、人間の「猿真似気質」にあると考えています。

・良いSEO対策方法が見つかった
・じゃあ我々も、と皆が同じSEO対策を行う
・コンテンツに欠けるサイトも上位表示される
・ユーザーを混乱させないように検索エンジンがフィルター等を掛ける
・目立つ場合はペナルティとして順位下降

これで晴れてSEOスパムの出来上がりです。
「誰かが成功したから自分も成功したいから真似しよう」という他力本願気質が
SEOスパムを生み出します。この不毛な繰り返しが更に混乱を招きます。
スパムは最初からスパムと言うわけではありません。
皆がやるからスパムになるのです。かと言って秘密裏には出来ません。
WebサイトのSEO対策は基本的にオープンです。被リンクも調べられるし、
サイトのソースも閲覧できます。キャッシュ機能を使って変化を知ることも出来ます。
現在のいわゆる「SEO対策」がいつスパムになるか分かりません。

じゃあどうするの?

これはSEOの本質とも言える事ですが「オリジナリティあるコンテンツ」を
サイト内に作る事です。「出来ない」と言う事は絶対にありません。
何故なら人間には「個性がある」からです。個性=オリジナリティですよ。
例えば誰かの独特な考えは自分にとっては普通の考えですが、
他人からすれば「そんな見方もあったか!」という発見になり得る場合もあります。
なぜオリジナリティあるコンテンツが出来ないか、それは
「自分が当たり前、標準」だと考えている為です。
Yahoo!のカテゴリdmozも「ユニークなコンテンツ」「他に無いコンテンツ」
を無料で登録しています。なぜ無料で登録するのか。
「オリジナリティ」があるからユーザーが求めてるかもしれないサイト
という可能性がある為です。
「この方法で成功したサイトがあるから自分は他の方法をやろう」
という気持ちがSEO対策の結果を出す方法と言えるかもしれません。

URL :
TRB :

Comments & Trackbacks

Comments are closed.

Twitter

Web制作に役立つそうなリソースを独断と好みで配信しています。

かちびと.netにリンクの無いトラックバックはお受けいていません。
コメントされる前にガイドラインをご覧下さい。

twitter facebook rss contact

Ads

Posts

Contact

Services