オープンソースのCMS、MODx日本語を導入してみた

スポンサーリンク

modx00オープンソースのCMS、MODxを
イストールしてみました。
と言うのも、いつの間にか(結構前?)
MODx日本の公式サイトが出来ていた
のでフォーラム、使用者等の増加の
期待もありつつ、という感じでまだ
触り始めです。また、WordPressと
統合できるとの事なのでこれは、と思った訳で。

modx01

動作環境はPHP4.3.10 もしくはそれ以上、MySQL4.0 もしくはそれ以上で稼動します。

SEOに強い、AJAXで出来た、WPと統合可能なCMS。
取り敢えず使ってみたいと思い、勢いでDownload。
※WPとの統合はまだ行っていません。

試しにロリポップに入れてみました。導入前にインストール手順を確認してアップロード。
私の場合はサブディレクトリ(/cms/など)へのインストールだったので
この場合は同梱されている.htaccess内のRewriteBase /にサブディレクトリ名
を含ませます。http://www.abcdefg.com/domx/にアップロードしたのなら
RewriteBase /domxと書き換えて保存後、アップロードします。
アップロードが非常に時間掛かるのですが・・完了後、さぁ、
インストールと思ったら日本語文字化け。血圧上がります。
ググッて見たらDBでうんたらかんたらしなきゃ!
見たいな事が書いてあったのですが、取り敢えず
無視して英語Ver.で導入しようと思い、なんと無しに
リロードしたら普通に日本語表記されました。何なの・・

MODxをインストール

インストール方法は簡単でした。最初に言語選択、次へ次へ進み、
DB名やホスト名等を入力、ここでDBに接続されているか確認出来ます。

上手く行けば
modx02

こんな画面になります。あとは確認しながら進んでいきます。
modx03

テーブル作成とか色々してる。

modx04

インストール完了後、ログインすると、
「インストール以下のディレクトリが残ってて危険!」
見たいな事を言われるので、インストールフォルダごと削除します。

modx05

このフォルダごと削除すればインストール完了です。

modx06

管理画面は非常にスッキリしていて管理しやすそうです。

キャッシュを使っているようで動作も軽々。AJAXの効果もいいですね。

modx07

コンテンツの作成も直感で出来そうです。
modx08

metaタグも管理画面で弄れたり。
modx09
デフォルトの実装画面。

MODxの特徴は

  • 軽い動作
  • XHTML+cssの静的ページ生成
  • 環境をあまり選ばない(ロリポップでも十分)
  • 中小企業に丁度いい
  • 日本語でサポートされている
  • スニペット(追加機能)もそれなりに豊富

と、言ったところでしょうか。Xoopsでは巨大すぎる、なんて方には最適だと思います。
SEOに強いみたいな事が書いてありますが、その説明は本家Webサイトにあります。

掻い摘んで言うと

静的ページを生成
XHTML+css
metaタグの調整

などが特徴としてあげられています。
という訳で、最高にゴキゲンなCMSって訳でもないかも。まだ分かりませんけど。
以下にMODx関連の情報サイト等を参照にしたサイトも含めてまとめておきます。

URL :
TRB :

Comments & Trackbacks

Comments are closed.

Twitter

Web制作に役立つそうなリソースを独断と好みで配信しています。

かちびと.netにリンクの無いトラックバックはお受けいていません。
コメントされる前にガイドラインをご覧下さい。

twitter facebook rss contact

Ads

Posts

Contact

Services