SalesforceやHubSpotの代替となるコミュニティベースのオープンソースCRM・「Twenty」

Ads

Twenty

SalesforceやHubSpotの代替となるコミュニティベースのオープンソースCRM・「Twenty」
TwentyはSalesforceやHubSpotの代替となるコミュニティベースのオープンソースCRM(Customer Relationship Management:顧客関係管理)です。顧客データに基づいて構築され、独自のワークフローに適応し、さまざまな企業のビジネス要件に適合するように設計されています。

主な機能はタスク管理、カンバンボード、ブロック型のMarkdown対応ノート、ショートカットによるアプリ操作、高度な検索、お気に入り機能、電子メールの同期など多岐にわたります。また、ユーザーフレンドリーでカスタマイズ性が高い事で好まれて使われているNotionからもインスピレーション

開発理由として、従来のCRMはカスタマイズが複雑で制約も少なくなく、窮屈に感じていた為、ユーザーに制約ではなくパワーを与えるCRMプラットフォームの必要性を強く感じてコミュニティベースでOSSとして提供し始めたのだそう。

顧客の管理を合理化するCRMは企業の成長に合わせて必要性が増していきますが、CRMの導入はつまり今後のさらなる成長を見越しているので、最初に導入する選択が重要になります。サードパーティ製なら即導入可能でサポートも充実していますが、継続的なコストがかかり、ベンダーロックインの心配が常に付きまといます。反面、Twentyのようなセルフホスト可能なOSSは開発コストと自己メンテナンス等が必要になりますが、圧倒的低コストでベンダーロックインの心配からも解放され、自社に合わせたカスタマイズも可能になります。

どちらもメリットデメリットはありますので自社の成長見込みに合わせて利用すると良さそうですね。TwentyはOSSとして提供されていますが、低価格な有償CRMとしても提供されていますので導入前に試してみると良いですね。最初の7日は無料で利用できるそうです。

TwentyGithub

タイトルとURLをコピーしました