【Vol.2】最近になって国内でリリースされた9+1のTwitterツール

スポンサーリンク

twitter-japanese-service

前回の日本国内でリリースされた
14のTwitter系ツール

続いて第二回、国産Twitterツールです。
最近リリースされた(と思われる)
国産Twitterサービスを9ツール
+おまけ1ツールご紹介します。

「最近」というのは前回紹介した日(8月半ばくらい)から、という意味で使っています。

twitvideo

twitter-japanese-service01

動画を共有できるサービスです。国内では初なんじゃないでしょうか?サイトも綺麗に作られてますね。OAuth認証ではないのが非常に残念。でも人気クライアントのhootsuiteもOAuth認証では無いけど利用者多いですし、サービスの内容次第では気になら無いのかな?今後に期待したいところです。

twitvideo

twiz!

twitter-japanese-service02

投稿を地図上に反映させる事が出来ます。「いまここで何してる?」につぶやく事で美味しいご飯の場所とか近所に住んでるとかを簡単に知らせられそう。

twiz!

Twitter Watching Sidebar

twitter-japanese-service11

Firefoxのグリモンなのでサービスと言ってしまうと語弊がありそうなのですが、凄く便利なのでご紹介。フォロワーが多い方などは必見です。気に入っているユーザーのPostを追いたいけどTLが早い、なんて時はサイドバーにそのユーザーの最新Postを表示する事が出来ます。複数設定可能。

Twitter Watching Sidebar

つづけたー

twitter-japanese-service03

小さな積み重ね管理ツール。モチベーション維持によさ気ですね。結果をグラフにして可視化出来るのも嬉しい機能。

つづけたー

viratter

twitter-japanese-service04

ユーザーのRTをツリー状に可視化してくれます。気になるユーザーがだれとどんな会話をしているか、どんなPostがRTを呼ぶかを見ることが出来そう。マーケティングにも使えそうです。

viratter

脳内スキャン

twitter-japanese-service05

今の自分のPostを分析してどんな内容の発言をしているかをグラフ化してくれます。面白いですね、これ。シンプルだし、フォロー前に軽く調べておくのもいいかも。

脳内スキャン

Twitter Bot Maker

twitter-japanese-service06

これは個人的に驚きのサービスです。botを作成できるオンラインサービス。プログラミングができなくても作れるTwitter botの作り方というエントリの「用意した文章をランダムな順番で投稿するbot」という項目を簡単に作れます。2,3も作成中との事で、今後に注目したいですね。

Twitter Bot Maker

Twitter プロフィール検索

twitter-japanese-service08

Postやユーザー名でしか今まで検索にかかりませんでしたが、これはプロフィールから検索出来るのでより、身近な嗜好のユーザーを探す事が出来そうですね。AND、or検索にも対応。

Twitter プロフィール検索

ふぁぼるっく

twitter-japanese-service09

ふぁぼったーが落ちすぎてストレスを感じているならこちらを利用してみるといいですよ。ふぁぼったーはかなり人気ですが、頻繁に落ちているのでこちらも覚えておくとストレスを感じないかと思います。以前、国産Twitterツールを紹介した時には既に存在していたのですが、当時僕が知らなかったので今回改めてご紹介させて頂きました。他にもFavstar.fmでも見る事が出来ます。ふぁぼられちぇっかというのも面白いですよ。

ふぁぼるっく

おまけ・maunow | むさびのリアルなう!

twitter-japanese-service10

特定の方向けのWebサービスなのでおまけとしてご紹介。事例と言うことで。武蔵野美術大学の関係者でTwitterユーザーの方は登録可能です。こうして別の場所にコミュニティを作るのも今後出てきそうですね。ただ、maunowはたぶんですけど誰でも登録できちゃいそうな仕様のようですが、いいんですかね・・・コミュニティを維持するなら登録方法を変えたほうがいい気がします。

maunow | むさびのリアルなう!

以上、9ツールとむさびなうのご紹介でした。手軽なサービスは結構出ますけど、前回紹介したような本格的なWebサービスはなかなか出ないですね。今後も注目したいと思います。

URL :
TRB :

Ads

Posts

Contact

Services