• かちびと.net

    WordPressで記事を下書き/公開した際に、エディタのスクロール位置を固定するプラグイン・Preserve Editor Scroll Positionのご紹介。プチストレスを軽減してくれました。

    Kudos for

    WordPress jQuery
  • About This

    Web制作に役立つTips、チュートリアル、、マーケティングに役立つ情報などのリソースをほぼ毎日配信しています。宜しければメモ代わりにご利用下さい。詳しい情報はAbout me またはhumans.txtをご覧下さい。

    Kachibito.net is a community-based website for web designers and developers. The site includes a popular weblog, a design gallery, a open source software, design tips, and the various web-news.

  • Links

WordPressで記事を下書き/公開した際に、エディタのスクロール位置を固定するプラグイン・Preserve Editor Scroll Position

スポンサーリンク

地味に便利だったのでメモ。WPで記事
を書いて、更新や下書きをすると、エ
ディタのスクロールは最上部に持って
行かれます。このスクロールの位置を
動かさないようにする、というプラグ
インです。

長い記事や過去記事の編集の際に下書きをすると最上部に戻されてしまうので、編集していた箇所をCtrl+fで検索して探していましたが、すこぶる面倒でした。このプラグインはそのスクロールバーを下書き前の編集していた場所に固定、というかJavaScriptで戻してくれるするプラグインです。プチストレスを軽減できました。

Preserve Editor Scroll Position


説明されてもあまりピンと来ないかもですけど・・・長い記事や何度も編集する必要がある時に、記事を書く→下書き→一番上に戻されるのが割とストレスだったりするのです。


↑ これを固定する。固定と言うか、jQueryで元の位置に戻してくれます。

( function( $ ) {
	$( '#post' ).submit( function() {
		scrollto =
			$('#content' ).is(':hidden') ?
			$('#content_ifr').contents().find( 'body' ).scrollTop() :
			$('#content' ).scrollTop();

		$( '#scrollto' ).val( scrollto );
	} );
	$( '#content' ).scrollTop( $( '#scrollto' ).val() );
} )( jQuery );

下書きや更新をすると上記コードで元の位置に戻してくれる、という仕組み。

地味だけど個人的には嬉しいプラグインでした。プラグインのソースはシンプルですけど、うまく作られてると思います。

Preserve Editor Scroll Position

URL :
TRB :

Comments & Trackbacks (6)

  1. Meiji

    シロさんの「地味に便利」ネタは個人的にストライクなものが多いです。いつもありがとうございます。

    • シロ

      恐縮ですwプチストレスが重なると僕はモチベーションに凄く影響出るので地味なTipsばかり追ってしまいます・・

Twitter

Web制作に役立つそうなリソースを独断と好みで配信しています。

かちびと.netにリンクの無いトラックバックはお受けいていません。
コメントされる前にガイドラインをご覧下さい。

twitter facebook rss contact

Ads

Posts

Contact

Services