WordPressを使ったWeb制作ビジネスをする方が頭に入れておく1つの事

スポンサーリンク

wp-logo
僕も含めて、最近は特にWordPress
を使ってWeb制作業務を行う方が
増えていると実感しています。
凄く嬉しい事なのですが、気をつける事も
やはりあります。多くの方は既知かと思いますが。

そこで僕自身が絶対に忘れないように
しているたった一つの事をご紹介します。

元々はLovelog+*さんのWordPressを企業サイトとして使う問題点という記事を読んで
本当にその通りだなぁと思ったのであげて見ます。というか、完全に記事内容が重複
してしまうのですが、大事な事なので僕も記事にしたいと思います。

トラブルの際の責任はどこに?

WordPressに限りませんが、オープンソースは基本的に自己責任になります。
どのオープンソースのCMSも高機能、高性能ですが、システムである以上、
完璧なセキュリティや無トラブルと言うわけには行きません。仮に、何かしらの
トラブルがあった際に直ぐにでも対処できる詳しい方が社内にいない場合は
どうするのでしょうか?責任は自社が全て負う形になります。

ですが、やはり人気のMT(Movable Type)は商用利用の際はシックスアパート社にライセンス料を支払います。つまり責任はシックスアパートにある場合、
シックスアパートが責任を負う形もある訳です。

リスクを説明する事は信用の獲得とトラブル防止

システムを使う事のリスクを説明する事は当然トラブルの防止に繋がりますし、クライアントからの信用獲得にも繋がります。僕自身、何かしらのサービスの営業さんにプレゼンしてもらった後に、考えられるリスクを聞くとしどろもどろになる方や何の根拠も無く「大丈夫だと思いますけどねー」なんて軽く言われた事も多々有りますが、やはり契約には至りませんし、当然人にも薦められないですね。

MTに払うライセンス料は安心料とも言えるかと思います。WordPressはGoogleのマットカッツも認める高機能なブログソフトですが、オープンソースは自己責任である事を忘れてはいけませんよね。

頭に入れておきたい1つの事

そこで頭に入れておきたい1つの事は、「依存しない」という事です。当たり前の事かもしれませんが、大事な事です。WordPressのみで制作業務を行うならば、そのリスクも説明し、クライアントがそのリスクを承知できないなら、ライセンス料を上乗せしてMTで制作する、など、他の道を考えておく事がクライアントとのトラブルの可能性を出来る限り減らすリスク管理とも言えるかなと思います。

先日書いた著作権放棄の業者向けWordPress2.8管理画面マニュアルでブックマークを凄くして頂けましたが、はてブだけでもそれなりにWordPressを使ったWeb制作に興味がある、既に行っている方が多いので、配布した手前、WordPressのリスクも自戒の意も込めて記事にしました。

おまけ

以前書いた全てのWordPress使いが導入を検討すべき15のプラグインという記事内にセキュリティ関係のプラグインを3つほどご紹介しました。また、フォーラムのバグ報告にも目を通すクセを付けておくとイザと言うときに役に立つかも知れません。ご参考まで。

URL :
TRB :

Comments & Trackbacks (5)

  1. さくら

    トラックバックしようかと思いましたが、情報がバラけても誰も嬉しくないと思いますのでコメントにしました。

    Lovelog+* たんのブログに以下の記述がありましたが、

    バグなどが出たの修正などの責任は、Sixapartが取る事になります。

    Movable Type Software 利用許諾契約書 | MovableType.jp の第10条 【ソフトウェアの機能についての保証の限定】によるとそういうことは保証されていないようです。(一般的な話ですと、ソフトウェアのライセンスはできるだけ保証しないように内容を調整することが多いです。)

    本Softwareは、現状有姿の状態で提供され、明示的にも黙示的にも、何らの担保及び保証するものではありません。

    他のライセンス条項によると保証が無いわけでも無いのですが、今の MT のライセンスだとほとんど何も保証されないような感じになるんじゃないかと思います。特に OSS 版からのソースの無保証について。

    MT の場合ライセンスに付与される公式サポートの有無はトレードオフに含めるべき事項だと思いますが、サポートと言っても電話サポートレベルの話なので、クライアントだけでの運用が困難な場合、公式サポートとは別に保守契約等を考慮すべきかと思います。

    ちなみに WordPress については、保証やサポートが無いのよりも GPL な点の方が商用利用においては問題になることが多いと思いますよw

  2. kachiaru

    >さくらたん

    こにゃにゃちゅわ :mrgreen:

    さくら: 保証されていないようです。

    僕も記事書く前に確認はしておいたのですが、

    さくら: ソフトウェアのライセンスはできるだけ保証しないように内容を調整することが多いです

    という事もあると思ったので記事にも「保証」とは書きませんでしたが、やはり何かしらシステム上のトラブルがあった時はライセンス料を支払った方の怒りの矛先にならざるを得ないですよね。。。その際に「保証はしないって言っただろ!」ではシックスアパートのブランドに傷が付くことは免れないでしょうし、それなりの事はせざるを得ないと思うんですが・・どうなんだろうw

    さくら: MT の場合ライセンスに付与される公式サポートの有無はトレードオフに含めるべき事項だと思いますが、サポートと言っても電話サポートレベルの話なので、クライアントだけでの運用が困難な場合、公式サポートとは別に保守契約等を考慮すべきかと思います。

    サポート体制がそんな感じだったのは初耳でした。この辺、MTを使用してるWeb制作企業さんはどう思ってるんでしょうね?システムを使う=リスクは当然あると理解して使っているとは思いますが、やはり「金払ってるんだ!」って意識もある気がします。

    さくら: ちなみに WordPress については、保証やサポートが無いのよりも GPL な点の方が商用利用においては問題になることが多いと思いますよw

    Wikipediaに書かれてる程度の知識だけど、商用利用における問題点も漠然としか理解していません。さくらたんの記事に期待w

Twitter

Web制作に役立つそうなリソースを独断と好みで配信しています。

かちびと.netにリンクの無いトラックバックはお受けいていません。
コメントされる前にガイドラインをご覧下さい。

twitter facebook rss contact

Ads

Posts

Contact

Services