HTML5製のWebサイト向けUI専用の
フレームワーク・Kendo UIのご紹介。
iPhoneなどのスマートフォンや、iPad
などタブレットデバイスにも対応したWeb
サイトのUI設計用に作られたようです。
使いやすいかどうかはおいておいて、
ちょっと見かけないのでメモ。

Kendo UIはHTML5とcss3、JavaScriptで構築されたWebサイト向けのUIフレームワークです。メニューやテーブル、タブ、ドラッグ&ドロップコンテンツなどよく見かけるインターフェースがセットになっていますよ。

@ub_pnrのPostで知りました。いい情報流してくれるので助かります。

Kendo UI


スマートフォンやタブレットにもいいですね。以前Ninja UIなんてありましたけど、今度は剣道です。なんでも「HTML開発者の刀として使って欲しい」のだとか。煎茶(Sencha)とか相撲(Sumo)とか同様、なんだか愛着湧きますね・・


iPhoneやAndroidなどタッチデバイスにもクロスブラウザにも対応とのこと。IE6も対応とありますが僕の環境では確認出来ませんでした。ご自身でお確かめ下さい。

Grid


ページネーション付きのテーブル

Menu


ドロップダウンするメニューコンテンツ

Tab


タブなどなど他にもたくさん。

現在ベータ版で、ダウンロードは無料ですが、ユーザー登録が必要(こちらも無料)です。ライセンスはダウンロードファイルに同梱されていますので目を通して下さい。

Kendo UI