著作権放棄のレスポンシブWeb
デザイン対応CSSフレームワー
ク、rwdgridのご紹介。自由に
使っていいフレームワークは
非常にありがたい存在ですね。
ありがたく使わせて頂きます。

著作権放棄、と言ってしまうと語弊があるのかもしれませんが、ライセンスはパブドメではなく、WTFPLです。あまり聞きなれませんが、フリーソフトウェア財団にもGPL互換として承認されている非常に条件の緩いライセンスになります。

WTFPLはパブリックドメインと実質的にほぼ同等の権利を与えている。WTFPLのもとリリースすることは、それ故、パブリックドメインに著作物をリリースする権利がない国でさえも、パブリックドメインでのリリースと同じ自由を与えることになる。

Wikipedia – WTFPL

法的にパブリックドメインが認められない国もあるのですが、そういった国でもパブリックドメインと同等のライセンスでフリーウェアを配布する事が可能です。下品な名のライセンスとしても名高い(?)みたい。

rwdgrid


命名規則は960グリッドシステムを参考にしてるそうです。対応ブラウザは IE7以上、Firefox、Chrome、Safariとの事ですが、まだ確認してないです。


よくあるグリッドシステムでレスポンシブWebデザインにも対応で著作権も気にせずに済む、というのは素敵ですね。

12カラムと16カラムのPSDファイルも同梱されています。ご利用は以下より。

rwdgrid