少し前に気になった事があって、自分の中で少し解決したのでメモがてらシェアしてみようと思います。IE6の件。もうユーザー数も少ないし、切らないにしてもアップデートを促せばいいじゃないか、という意見が殆どですし、もちろん同感です。

とは言っても、なかなか踏ん切りがつかないのは多くの方(又はクライアントさん)が心の何処かで「でもIEユーザーが一番お金になるんだよね」という気持ちがあるからでは無いかなと以前、Twitterで投稿したときに思ったのでした。統計見てないのでたぶんそうじゃないか、程度ですけど。

でも対応させるのは手間、時間もかかるし、ブラック企業ならサビ残確定、このままじゃ結婚してる方は離婚の危機だし、未婚の人はリア充爆発しろみたいになって少子化も進みますので少子化対策でWordPress使いましょうというお話。なんの話でしょうね、ほんと。

IE6でアクセスした時だけ別のテーマにスイッチする


WordPressならプラグインの導入のみで、ブラウザに合わせてテーマをスイッチさせることができます。利用するプラグインはAVH Themed。ブラウザに応じて別のテーマを読み込ませます。

もちろん、IE6への対応にとても時間がかかる場合の手段です。IE6だけ表示がおかしいならIE6用のテーマを作ってしまったほうが早い事もありますしね・・確認するブラウザも1つで済みますし。

ついでにスマホに対応

スイッチするブラウザは複数設定できます。未検証ですけどiPhoneやAndroidも用意されているのでスマホ専用テーマがあるならサクッと対応も出来ちゃう素晴らしいプラグインです。惚れてまうやろ。

出来れば切っていくべきですよね

IE6は切ろう、という動きはセキュリティ的にもWeb屋の生産性向上的にも必要ですが、そうもいかない事情がある方もいらっしゃるかと思います。年配の方のインターネット利用者も増加傾向にあるようですが、仮にIE6ユーザーだった場合に、ブラウザのアップデートなんて期待できません。(シニア向けはレイアウトで無駄に頑張るよりも電話番号を出来るだけ目立たせるのが一番かなと思いますけど。)

この方法には賛否両論あるかもしれませんけど、同じテーマファイルでcssハックやjsで頑張るより、別のテーマを読み込ませたほうが工数が少なくて済むならそうしたいところですね。