iPhoneやAndroidのアプリ開発者向けの無料解析ツール「Flurry Analytics」なるものがあるようです

スポンサーリンク

僕自身は開発者ではないので
未登録、未検証ですが、iPhone
やAndoroidなどのモバイルアプリ
のユーザーの行動を解析出来る
ツールがあるみたいです。あまり
よく調べていませんが、基本的に
利用は無料みたい。

Flurryとは、米モバイル市場調査会社(参考:ITmedia)のようで、その企業が提供している解析ツールを無料で使えるのがFlurry Analyticsという事みたいです。

開発したアプリをユーザーがどのように使っているか、どの国で使われているか、どういったエラーが出てるか、などを解析出来るようですね。

Flurry Analytics

flurry01
ユーザーがあなたの開発したアプリケーションをどのように利用しているかをリアルタイムで可視化してくれるみたいです。

以下、Flurryにある解説を簡単に意訳します。誤訳御免。

flurry02
あなたのアプリケーションが世界中のユーザーにどのように利用されているかをスナップ化し、リアルタイムで提供します。利用頻度、持続時間、位置やセッションデータをご覧になれます。

flurry03
異なる地域や期間など、ユーザーの統計情報を広い範囲で研究しましょう。異なったバージョンを比較し、ユーザーのニーズを把握できます。

flurry04
あなたのアプリケーションがどのキャリアで動作するかを把握しましょう。アプリケーションでエラーが発生した場合、エラーのリストを取得出来ますので、トラブルシューティングを行う事が可能です。

flurry05
Flurry Analyticsは設定レポートを表示。時間を節約し、あなたに強力な結果をもたらします。iPhoneとAndroidは最小量の統合を必要としますが、Java MEは全く必要としません。

flurry06
という事で、デモに繋がるクイックツアーでした。

雑感

使ってもいないのに雑感も何も無いんですが、一応この会社(というかツール)に関して軽く探してみました。少しまえにジョブズと一悶着あったみたいですね。(参照:Steve Jobs Angry at Analytics Firms Tracking Apple Devices)解析精度としてはITproportalの記事である程度はお分かりになるかと思います。(本当に「ある程度」ですけど)他にも、flurry analytics reviewでググればちょこちょこ出てきますのでチェックしてみては如何でしょう。利用は自己責任にはなりますが、開発したアプリの解析というのは大事な事ですよね・・

同サイトではこの解析ツール以外にもアプリケーションのクロスセリングツール(ユーザーの購買単価を上げる施策)のAppCircleというのもあるみたいですよ。登録も利用も無料みたいですのでご興味のある開発者の方はお試しになってみては如何でしょうか。

Flurry Analytics

URL :
TRB :

Ads

Posts

Contact

Services