記事をパクられたので対処法とか色々書いてみる

スポンサーリンク

このブログの前はエキサイトブログで記事を書いていました。その記事が
いつのまにか丸ごとパクられていたのを先日何となくTwitterでつぶやいた
なんだか色々親身になってくださった方が多かったので僕も何か書いてみます。

当事者が何も書かないのもアレなので。。。
パクられ記事は2つあったのですが、そのうちの1つをまずご紹介します。
パクリサイトがコチラ(※Yahoo!のSERPsです)で、パクられた記事はこれ
画像で比較するとこんな感じです。※クリックで拡大します
pakuri
こんな記事パクってどうすんだ?って話ですが。
で、Twitterであーだこーだ話し合ってたら記事にしてくれたかがいらっしゃいました。

twitterライクなUIの研究をした!/K-DO!さん
コピーサイト対策~RSSは抜粋表示で~/【パシのSEOブログ】さん
パクリの境界線/ゆっくり…して…イってネ!さん

実のところ、「あ、パクられた」程度の軽い気持ちでTweetしたのですが、
僕のTwitterのゆかいな仲間たちが凄く反応してくださったので勢いでサーバーに
連絡してみる事にした訳です。

サーバーとのやり取り

パクリサイトのサーバーはコアサーバーだったので、とりあえず相手の情報を
教えてもらおうと思ったのですが、以下のような質問をしたら
pakuri01

ご親切にも以下のような返答をいただきました。
pakuri021

なるほどなるほど、なるほど・ザ・コアサーバー。てめーで解決しろよ、との事です。

でも、メールして消してもどうせ同じ事を別の場所でするでしょうし、
抜本的な解決にならないと思い、パクリサイトの所有者に何か警告してくれるかと
期待して以下のように言って見ました。これがいけなかったのかも知れません。
pakuri03

すると以下のようにご回答下さいました。
pakuri041
そうですかー・・・という感じで萎えて試合終了。安西先生、コアサーバー怖いです・・・

コピペサイトで一山当てるならオススメ!

コピペサイトで一山当てたいなら格安でバリュードメインと同じ会社もあって、
年間800円程度の独自ドメインをドコドコ契約し、負荷のかかるCMSなどを
ドコドコ量産、コピペするだけで手軽にスパムSEO業者になる事が可能な
コアサーバーは非常にオススメです。コピペしてコピー元に何か言われても
コアサーバーなら相手を萎えさせる事も可能。スパム職人なアナタを手厚く
守ってくれます。ぜひ!(冗談です)

問題点

正直な話、ここでコアサーバーがはい、そうですか、と言って情報開示するのは
非常に問題です。これはTwitterで進言してくれた方の言葉が適切です。

エキサイトのような無料ブログだと尚更さくらさんの仰った事で不利です。

エキサイトがコピペしていいよって言ったら問題無いのよね、この規約だと。

という訳で自分のコンテンツは自分で守るしかありません。
以下がその1例です。

パクリを少しでも防ぐ方法いろいろ

パクられたくなければ少しでも対策を施しておきましょう。


僕も以前はYahoo!ニュースをコピペしてたので人のこと言えませんが。

RSSを全文表示にしない

コピーサイト対策~RSSは抜粋表示で~でパシフィカスさんが仰っているように、
RSSを全文表示にしておくのは、大きなユーザビリティにもなりますが、
同時にコピペに合いやすい、格好の的にもなります。コピペされるのが
嫌なら全文にはしないほうが良いでしょう。

画像に対するホットリンク(直リンク)を防ぐ

海外SEOの鈴木さんがタイムリーな記事、ホットリンクを防ぐ方法をエントリーしてくれました。
.htaccessでホットリンクを防ぐ方法です。RSSでの講読も非表示になるのかな?

右クリックを禁止する

コピペを行う際のプロセスとして右クリックがありますが、それを禁止します。
右クリック禁止の方法で、HTMLコードによる防衛法と
JavaScriptによる防衛法が記載されています。
ただ、右クリック禁止はあくまで初心者相手用の防衛法です。
ソースを見ちゃえばいいんですが、右クリック無しでソースを見るには
開いているURLの頭にview-source:を付けるだけです。
例えば僕のブログならview-source:http://kachibito.net/でソースを
見ることが可能です。あとはページごとDLしたり、という感じでしょうか。

コピーライトと記事投稿日をしっかり記載しておく

これはもうパクられ後の話ですが、しっかりと「自分が著作者で何時何分に投稿した」
と言えるようにしておきます。投稿日は殆ど意味が無いに等しいですが、無いよりまし。
著作権はしっかり年数も記載します。僕は面倒なのでしてません。気が向いたら。

ページを暗号化

ページを暗号化してコピペを防ぐ、という方法を見つけました。初めて知りましたが、
SHTMLにてお試し版をダウンロードできるようです。

サイトを閉鎖する

これが最も確実、というか完全にパクられたくないならこれ以外に方法はありません。
盗用されるのはそれだけ価値があるという事でもあるので、パクったサイトが上位表示
をしちゃわないように、有益なコンテンツでサイトの価値を高めるしかないですね。

まとめ

日本も中国の事言えないよね。

URL :
TRB :

Comments & Trackbacks (12)

  1. とおりすがり

    ご苦労様でした。いろんな人がいるものですね~
    ところでメール(?)を公開されていますが、著作権の問題はないですか?書いた人の同意をとっていれば良いのですが・・・

  2. kachiaru

    >とおりすがりさん
    こんにちは、コメント有難う御座います。

    とおりすがり: ところでメール(?)を公開されていますが、著作権の問題はないですか?書いた人の同意をとっていれば良いのですが・・・

    どうなんでしょうね。「メールの内容」は著作権やプライバシー侵害に当たる可能性もありますけど。

  3. 阿月まり

    うちは大学生の論文に持って行かれてるッポイよ。

    文芸ネタで、「○○の感想」とか「○○の意味」とか探してる人多いし、ああ、これ、コピペして、論文や作文のネタにするんだろうなー、みたいな(検索用語がロコツだもん(笑)

    WordPressならcopy関連のプラグインもたくさん出ていますし、普通のサイトよりはプロテクトしやすいかもしれないですね。

    私としては「Copy Alerts」がおすすめです。
    とりあえず相手に「警告」して、コピーされそうになった事実をメールでお知らせしてくれるものです。
    http://wordpress.org/extend/plugins/copy-alerts/

    それが頻回になれば、いよいよ本格的にcopy protectionするのがいいかもしれませんね。

    それにしても、気持ちが悪いですよね :(

  4. kachiaru

    >阿月まりさん

    こんにちは :)

    阿月まり: コピペして、論文や作文のネタにする

    かなり多いらしいですね。たしか海外でコピペを防止するツールがあったような・・

    阿月まり: 私としては「Copy Alerts」がおすすめです。
    とりあえず相手に「警告」して、コピーされそうになった事実をメールでお知らせしてくれるものです。

    正直な話、記事にしてくれた方がいなければ僕もこの記事は書いてませんでした。個人的にはパクっても構わないと思っています。リンクしてるだけまだましかも :?

    パクられるのは魅力を感じてくれている証拠ですし。
    嫌なのは「記事元がパクッたと思われる」事ですね :cry:

    阿月まり: それにしても、気持ちが悪いですよね

    気持ちいいものでも無いですよね :o

  5. 恵(KEI)

    こんばんは。

    何かリアルと同じで、世の中には一定数でしょーもない人がいますね。

    でも上記の阿月まりさんのコメントにもあるように、
    「パクられるのは魅力を感じてくれている証拠ですし」
    というのは、逆にありますね。

  6. 恵(KEI)

    すみません!

    管理人様のコメントでした。
    失礼しましたっ!!

  7. kachiaru

    >恵(KEI)さん

    こんにちは :)

    恵(KEI): 何かリアルと同じで、世の中には一定数でしょーもない人がいますね。

    そうですね。。。以前の僕もその一定数の内でしたので人の事は言えませんがw

    仰るように、僕は記事をパクろうが引用しようが構わないと思ってます。
    もちろん、リンクは礼儀、というかwwwの法律とも言えますし。
    Web上で公開してるというのはそう言うことですね :lol:

    恵(KEI): 管理人様のコメントでした。

    いえいえ、全然大丈夫ですよ ;)

    そういえば、直ってよかったですね :smile: >あわせて読みたい

  8. SEMマスター

    こんにちは!

    おっしゃるとおり、これで公開したらサーバー会社も問題ですが、2通目の細野さんの返信は企業として無いですね。

    もっと優しく返信してくれてもいいのに。。。

    それより細野さん…一躍有名人ですねw

  9. kachiaru

    >SEMマスターさん

    こんにちは :)

    SEMマスター: おっしゃるとおり、これで公開したらサーバー会社も問題ですが、2通目の細野さんの返信は企業として無いですね。

    本当、公開しなかったのは企業として当然ですが、
    「その旨を管理者に伝えてみます」ぐらい言ってくれても。。と思いました。冷徹な印象ですよね :cry:

    SEMマスター: それより細野さん…一躍有名人ですねw

    Twitterでも細野さんを知ってる方がいて驚きましたw

  10. さくら

    こばゆー、こばゆーww

    コメントでしっつれ〜い♡
    いくつかご指摘。

    1. 画像に対するホットリンク(直リンク)を防ぐ

    IE6 は一定条件下でリファラを出さないことがあります。
    なんでこれするとあるタイミングでブラウザから画像が見れなくなることがあります。
    どんな条件かは忘れたww

    2. 著作権はしっかり年数も記載します。僕は面倒なのでしてません。気が向いたら。

    そもそも国内法では著作権は無方式主義なので、著作物が発生した時点で著作権も発生します。
    なので国内法の範囲内では著作権表記を行う必要はありません。

    Copyright (c) YEAR AUTHOR 形式の著作権表記が必要なのは、万国著作権条約に従うためです。
    いわゆる Copyright 表記は万国著作権条約でその形式が定められており、その枠内では Copyright 表記が必須になります。

    なぜ万国著作権条約に従う必要があるかというと、ベルヌ条約(無方式主義)に加盟しておらず、万国著作権条約に加盟している国があるからです。
    そういった国で著作権表記されていない著作物が盗用された場合、著作権侵害を訴えるこはできません。
    前はアメリカがそうだったのですが、1989年に無方式主義に変わったので、今ベルヌ条約に入ってない国ってあったのかな?あったはずだけど忘れた。
    どっちにしてもそれ以前と比べて必然性は低いです。
    詳しくはこの辺とか、ベルヌ条約とかでウィキってください。

    http://jimphelps.at.infoseek.co.jp/circlec.html

    なんで今となっては著作権表記しなくても別に問題ないけど、この辺の話知らないバカにパクられたときの面倒を避けるため、ちゃんと付けといた方がいいと思いまふ☆

    ついでに、細野たんからのメールを公開することは私信じゃないのでプライバシーの侵害にはあたらないはず。
    内容的に著作と認められるか微妙な感じなんでその辺もまあたぶん大丈夫っぽいと思う。
    実際に揉めたら知んないけどww

    ただ名前付きで出したのは微妙。
    必要性ない感じだしそこだけ伏せ字にしといた方が良かったと思う。
    他は公開情報だし別にいいと思われ。

    それと細野たんのメールの内容は誠実に対応してると思うけど。
    SEMマスターたんはもっとやさしくとか言ってるけど、

    「こら〜
    規約にも、書いてあるぞ!
    もっと良く読めっていっつも言ってるじゃないか、プンプン(はぁと♪

    なんで情報開示したかったら、
    ちゃんとした手続きに乗っ取ってやらないと
    ダメだぞ☆」

    てなメール来る方がキモイwwww

  11. kachiaru

    >さくらさん

    こばゆーww

    さくら: IE6 は一定条件下でリファラを出さないことがあります。

    えっ、そうなの?またIE6か・・・条件探してみたけど分からなかったorz

    さくら: そもそも国内法では著作権は無方式主義なので、著作物が発生した時点で著作権も発生します。
    なので国内法の範囲内では著作権表記を行う必要はありません。

    Copyright (c) YEAR AUTHOR 形式の著作権表記が必要なのは、万国著作権条約に従うためです。

    そうなんだ!知らんかったw著作物が発生した時点で、っていうのは音楽関係で知ったんだけど大勢がCopyright記述してるからそれが確実なのかな?くらいにしか思ってませんでした :oops:
    ベルヌ条約

    見た!この辺で知恵熱出ました。。。
    さくら: この辺の話知らないバカにパクられたときの面倒を避けるため、ちゃんと付けといた方がいいと思いまふ☆

    そういう事なんですね~。。。僕もそのバカなんだけどwwさくらさんのおかげで今日からバカじゃ無くなった :lol:

    さくら: ただ名前付きで出したのは微妙。
    必要性ない感じだしそこだけ伏せ字にしといた方が良かったと思う。

    フルネームだったら伏せてたんだけど、苗字だけでも良くないか。変えときます!

    さくら: 「こら〜
    規約にも、書いてあるぞ!
    もっと良く読めっていっつも言ってるじゃないか、プンプン(はぁと♪

    なんで情報開示したかったら、
    ちゃんとした手続きに乗っ取ってやらないと
    ダメだぞ☆」

    それなら「うん!わかった!」ってなるのに・・

    色々ありがとう!追記するよりもコメントにリンク貼った方が早いからそうする!因みにやり取りの画像はメールじゃなくてスレッドなんだ。だからよけいまずいかもw

Twitter

Web制作に役立つそうなリソースを独断と好みで配信しています。

かちびと.netにリンクの無いトラックバックはお受けいていません。
コメントされる前にガイドラインをご覧下さい。

twitter facebook rss contact

Ads

Posts

Contact

Services