最近の若い営業マンがKYすぎな件/はてなダイアリー

スポンサーリンク

ky
増田、はてな匿名ダイアリーに興味深いエントリがあったので引用します。

はてな匿名ダイアリーより引用しています。

最近の若い営業マンがKYすぎな件

先日Webサイト構築(75マン予算)の依頼のため、複数の会社に見積もり依頼の電話をしてみたよ。

見積もりの電話依頼で、毎回聞かれるのが”年齢”だ。
24歳と答えると態度が一変し、「あー、私も24歳です。同じですね!!」と調子に乗ってくる。
言っておこう。お前の年齢なんて知りたくもないし、男ならなおさらどーでもいい。

++++++

さらにこいつは「弊社は業界NO1が売りでして…」と空気も読まず、3分ほど会社案内をしてくる。
突っ込んで、「具体的にどこが業界NO1なのか?」と聞いてみると
逆ギレして「いや、総括的に業界NO1です。お客様は知らないと思いますがね」
と調子に乗ってきたので、「業界の年数がNO1なんですか?」とフォローすると
「あ、そうですそうです。他の会社よりもそれだけ信頼があります」とか抜かしてきた。
・・・・お前、嘘下手すぎだわ。

++++++

「御社ではマーケティングも代行してくれるそうですが具体的にはどんなことをするのですか?」
「はい? いえ、ですのでマーケティングを全て代行します。」
「??? では、SEMやSEO、SMOなどもやってくれるのかということですか。」
あ、はい。SEOは弊社でやります。更に弊社では掲示板に書き込みをするなどのサービスもしています
「(お前、それをSMOと言うんだよカス) そうですか。」

++++++

「御社の実績などはありますか?何か具体的な資料があれば判断材料になるんですが」
「あー、ありますよ。でもこれは上司に確認してから送ることになっていますので…」
「(嘘でも、お客様には特別にお送りしたいと思っていますので上の者に確認します、と言えよ)そうですか。」
「でも、送れるかもしれませんので後ほど上司に確認してみます。」
「(そんな報告必要ないよね?いま必要ないよね?)そうですか、了解しました。」
・・・なんで俺が20分もこんな無能な奴と会話しなきゃならんのだ・・・。

++++++

資料がメールで送られてきた。
====
○○ 様
弊社の資料になります。
====
え? 挨拶文とかなし? 短ッッ!!

++++++

その後、メールで希望があればこちらから電話します。と書いて返信したが
1日2回は着信がある。取り合えず、こんな奴と電話する時間ももったいないので無視。

++++++

・・・・・最近の若い営業マン と書くと叩かれそうだが、
4社ほど電話したら似たような奴が結構居る。
「料金表を詳しく知りたいのですが」
「いえ、ホームページに記載しています。」
など、料金に加えてどのようなサービスをしてくれるのか詳しく知りたいのにも関わらず
空気を読んでくれない。結局「このプランであればどのようなサービスを(ry」と細かく聞く必要がある。

ちょっと思い当たるフシがあって引用させて頂きました。
私にも昔、業者さんから営業電話貰って会うことにしたのですが、
その方がまぁお若い方(22歳位だったと思います)だったのですが、
非常に横柄な態度でした。私は基本的に営業電話をかける業者は
信用しないのですが、とりあえず手法を聞いておこうと思い、会うことにしました。
で、色々話していたのですが、引用文の

「御社ではマーケティングも代行してくれるそうですが具体的にはどんなことをするのですか?」
「はい? いえ、ですのでマーケティングを全て代行します。」
「??? では、SEMやSEO、SMOなどもやってくれるのかということですか。」
あ、はい。SEOは弊社でやります。更に弊社では掲示板に書き込みをするなどのサービスもしています

忘れていましたが、確かに私も「掲示板に御社のURLを書き込みます」と言われました。
で、「それでどのような効果がるんですか?」と聞いたら

「そうか。お客様はご存じないですよね。失礼しました。SEOは被リンク数が大きな効果を齎すので、弊社ではおよそ1000件の掲示板に1日で書き込むシステムを開発しています」

とか言われました。完全なスパム行為ですね。どういった掲示板か聞いたのですが、
PRの高い海外掲示板等にも張ります、とか言われました・・・
SEMでもSMOでもない行為ですが、営業電話かけてくる業者さんは
形は違えど相当グレーですし、「SEO」を知っていなさそうな所にかけているようですので
騙されてしまう事が多いのかもしれません。SEO業者さんが「胡散臭い」
と思われるのは底辺、ポット出の業者さんのエグいスパム行為によるもの
だと推測されますね。特に安価の成果報酬系。まともなSEOやっていたら
成果報酬なんてやっていたら割に合わないはずなんですよ。冷静に考えたら。
でも個人事業主の方とかはやっぱりランニングコストには敏感です
やはり「安いなら」って思ってしまい、契約に至る事が多いのでしょうね。
クリーンなSEO業者さんがSEOを飯の種にするなら
「如何にクリーンなSEOが長い目で見た際のWebサイトによる収益を上げられるか」
をしっかり伝える事が求められると思います。でないと「表に出ないSEO業者」が
SEOをよけい怪しいものに変えて行っちゃいますよ。騙される方は
「知らないから騙される」のですから。だからそういう方にSEOを目に留まるように
「SEO」で上位表示させるのではなく、「アクセスアップ」とか「上位表示」等の
キーワードで上位表示させて「枝の出来やすい顧客」を掴む事が鍵となると思います。
個人と企業の違いは

【企業】

・資金力があるというメリット
・情報を流さないという閉鎖性のデメリット

【個人・中小企業】

・資金不足なため、説得に時間がかかるというデメリット
・いい仕事をすればかなりの確立で口コミで広まるというメリット

ですね。今更言うまでもないですが。SEO業者さんの多くは
「上の企業」を見がちですが、案外敵は「下」にいるかもしれませんね。

URL :
TRB :

Comments & Trackbacks

Comments are closed.

Twitter

Web制作に役立つそうなリソースを独断と好みで配信しています。

かちびと.netにリンクの無いトラックバックはお受けいていません。
コメントされる前にガイドラインをご覧下さい。

twitter facebook rss contact

Ads

Posts

Contact

Services