昨日初めて知ったんですが、今まで知らずに損してた、みたいな気持ちになったので、同じ思いをする人が一人でも減るようにと思ってご紹介。ソフトを解凍するだけで、WordPressのローカル環境を構築できる、というソフトウェア。USBで持ち運びも可能。

今まで知らずに損してましたwこれ、有名なのかな・・・

Instant WordPressをUSBメモリやポータブルHDDなどにダウンロードして、自動セットアップするだけで、WordPressをローカル環境を構築、その環境ごとUSBフラッシュメモリで持ち運びも出来てしまいます。構築まで5分くらいで出来ましたよ。これは便利だなーって思いました。

Instant WordPress


WordPressを環境ごと持ち運び出来ます。覚えておくとかなり役に立つ気がします。

出先でクライアントさんと打ち合わせ中にWebに繋げなくても直接見せて動作確認することも出来るし、自宅のデスクトップでいつも作業してるけどたまには外で作業したい、なんてときも問題なく開発環境を携帯できますね。

何より、環境構築のハードルが今までで最も低い気がします。Bitnamiをお薦めしていましたが、こちらも凄い。

以下、必要な環境。

  • WP3.2、Apache 2.2.15、PHP 5.3.2、MySQL 5.1.46をUSBメモリや外付けHDD内に構築
  • OSはWindows XP、VistaまたはWindows7
  • USBメモリ内に約200MBのディスク容量の空きが必要
  • アンインストールはファイルを削除するだけ

注意

すみません、書き忘れてたんですけど、本体は公式から直接落とすものではないのでDL後は使う前に公式からダウンロードして本体だけ入れ替えたほうがいいかもしれませんね。セキュリティ的なものも含めて自己責任でご利用ください。皆さん大人でしょうし、言うまでもないと思いますけど・・

導入手順

以下、一応手順です。

STEP.1 / ダウンロード


ここでダウンロードします。

STEP.2: / セットアップ


USBメモリ等内でソフトを展開すれば自動でセットアップしてくれます。キャプチャはデスクトップになっちゃってますけどw

STEP.3:起動する


これでローカル環境が整いました。こんなフォルダが出来るので起動します。

FINAL STEP: 確認


この画面が立ち上がればOKです。ここまで3~5分くらいで出来ると思います。

ボタンは書いてある通りで、WordPrss FrontpageならブログがIEで開きます。他にもテーマフォルダやプラグインフォルダ、MySQLなどもここから進めます。

ログインIDやパスワード

WordPressのログイン情報は以下

ID : admin
pass : password

MySQLは以下となります。

ID : root
pass : 無記入※ログイン後に便宜変更してください。

環境構築も楽で持ち運べるって凄い。知らずに損してました・・

確認してみる


これは外付けのHDDにInstant WordPressを入れて起動した状態です。USBメモリからでも起動できました。


管理画面です。英語なので必要でしたら日本語にしましょう。

日本語化


WordPress日本語をダウンロードして、wp-content/languagesフォルダをInstant WordPressの同じ場所にコピーします。

続いて、

InstantWP_4.1/iwpserver/htdocs/wordpress/wp-config.php

を開いて

define('WPLANG', '');

define('WPLANG', 'ja');

に変更して保存すれば日本語化します↓

起動するブラウザを変える

デフォルトではIEが起動しますが、他に変えたいところですので変更してしまいましょう。

まず、InstantWP_4.1/iwpserver/pms_config.iniを開いて25行目

BrowserPath= ../system/InstantWP_GUI.exe

とあるので、ここに起動したいブラウザの場所を指定します。

例えば僕の環境でChromeで起動させたかったので以下のようにしています。これで、Instant WordPressの起動にChromeが使われるようになります。

BrowserPath= "C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe"

調べ方

C:からブラウザを探していって置いてある場所を書くだけです。右クリックでメニュー開いてプロパティで置き場所を確認できると思います↓

フォルダの場所

一応、フォルダの場所です。
WordPress

InstantWP_4.1/iwpserver/htdocs/wordpress/

phpMyadmin

InstantWP_4.1/iwpserver/admin/phpMyAdmin/

MySQL

InstantWP_4.1/iwpserver/server/mysql/

Apache

InstantWP_4.1/iwpserver/server/Apache/

ダウンロードして、USBメモリ内でセットアップ完了すればローカル環境が構築できるので、あとはソフトを起動するだけですね。

WordPressの開発環境が数分で完成するだけでなく、持ち運びも可能なソフトウェアがフリーで提供されている、というのがInstant WordPressです。

とにかく導入が手軽でお薦めなソフトウェアです。以下より無償で公開されていますのでぜひご利用ください。

[note]昨日まで普通だったんですが、今朝になったらBandwidth Limit Exceeded(509エラー)と出てしまいます。契約サーバーの月間上限転送量にひっかかってるようなので来月まで我慢ですかね。。。アドレスは
http://www.instantwp.com/
です。閲覧可能を確認したらこの記事でもアナウンス致します。

[/note]

サーバー復旧したもようです。

Instant WordPress