画面のサイズを指定して、その
サイズに応じて任意のCSSファイル
をロードするスクリプトのご紹介。
Media Queries等によってCSSが
肥大化してしまった場合は使って
あげると軽量化できるかもですね。

指定したブレークポイントに合わせて、ロードするCSSファイルを指定出来る、というスクリプト。非依存型なので単体で利用可能、サイズも圧縮版で1.7kbほどと軽量です。

Sample


Media Queriesの場合、不要なCSSもロードしますが、sizeit.jsはブレークポイントに応じたCSSファイルのみを読み込むのでうまく使えば軽量化が可能です。

さて、サンプルですが、JQMを利用し、ブレークポイントを以下のように設定しました。

  1. 幅が600px以下ならJQMのCSSをロード
  2. 幅が1024px以下なら何も読み込まない
  3. それ以外はJQMのCSSをロード

こう設定すれば、601px~1024pxのみ、JQMのCSSをロードしなくなります。

動作は以下で横フレームを動かせば確認出来ます。

Sample

コード

<script src="sizeit.min.js"></script>
<script>
	sizeit.configure(
		{ max: 600, css: "small.css", name: "small" },
		{ max: 1024, css: "medium.css", name: "medium" },
		{ css: "large.css", name: "large" }
	);
</script>

スクリプトを読み込んで、ブレークポイントを設定するだけ。上記を見れば設定方法は分かりますよね。シンプルでいい感じ。

これは個人的にお世話になりそう。ライセンスはMITです。

sizeit.js