日曜日ですが、良さ気なツールを
見かけたので備忘録的にご紹介。
色覚障害の方、俗に言う色弱の
人にとってWebサイトがどう見えて
いるかを教えてくれる、という
Webサービスです。

「色覚障害の方は~色が~に見える」と言った記事はたまに見かけますが実際はケースバイケースです。一応自分も国家医療資格の保有者なので、医学に関する事を軽々しくブログ等で書かく訳には行きません。なので、教科書に載ってる程度の事にだけ触れるようにしておきます。

Chromanope


人が刺激として錐体と呼ばれる器官で受けられる色は青、赤、緑の3色です。これらが全て正常に揃っているのがC型、赤の錐体に異常があるのがProtanope(P型)、緑の錐体に異常があるのがDeuteranope(D型)で、この2つのタイプが最も多く存在します。稀に青の錐体に異常がある場合もあります。これはTritanope(T型)と呼ばれます。

これらの3つのタイプの方がどう見えるか、をスクリーンショットで教えてくれるツールがChromanopeです。


↑ URLを入れるとこのようにP型、D型、T型の方がどう見えているかを教えてくれます。色だけなのでザックリ、という感じではありますが参考にはなりそうです。

アクセシビリティ向上のためにも覚えておくと良さそうですね。

Chromanope